痩せる食べ方、太る食べ方

 

習慣づけたい痩せる食べ方

若い頃には食べ放題のお店に行くのが好きでした。

 

とにかく量を食べたいという気持ちが大きかったので、ガツガツとお代りをして、動けない程食べていた思い出があります。

 

さすがに年齢とともにそんな食べ方はなくなりましたけど、子供たちは食べ放題のお店が大好きですね。

 

お金を出すのは親なのでそれほどお得感を感じることはないはずですが、それでも好きなだけ食べられるというのがいいのでしょうね。

 

脳の視床下部にある満腹中枢は、食べ始めてから20〜30分を経過しないと、大脳に満腹のサインを出しません。

 

だから早食いをしていると、お腹がいっぱいになったという合図がある時には、すでに食べ過ぎの状態なんですね。

 

食べ放題のお店って時間が決まっていますから、そんなお店でゆっくりと食事をするのは無理ですが・・・

 

太らない食べ方はとして、食事には最低20分以上かける必要があるのですね。

 

同じ量の食事なら時間をかけるだけいいということになります。

 

でもダラダラと食事をしていても、ついたくさんの量を食べてしまう人は、決めた量をゆっくりと食べるようにしなければいけません。

 

太っている人は、早食いの人が多いです。

 

しかも口に入れる量も多いので、すごいスピードで食事が進んでいくのですね。

 

ゆっくりと食べるためには、良く噛んで、味わって食べる必要がありますね。

 

この早食いの習慣をなくすだけでも、内臓脂肪は減ってくるようですからね。

 

食べ過ぎを防いで、時間をかけて食事をするには、いろいろと工夫が必要です。

 

良く噛んで味わうのもそのひとつですが、お代わりしたいと思ったら、5分間待ってからお代りをするようにします。

 

パンを焼く時もまとめて2枚を焼かないで、1枚を食べ終わってから次のパンを焼くという感じですね。

 

お肉も骨つきのものを買うようにします。

 

魚も切り身よりも骨付きで食べるようにします。

 

とにかくすぐに口の中に食材を入れて飲みこまないような工夫をしていくといいですね。

 

参考サイト⇒痩身エステ口コミ.biz痩身エステランキング2014.biz

太る食べ方の代表はながら食い

若い人にはなじみだと思いますが、ながら食いは最悪です。

 

何かをしながら食事をするってことですね。

 

一人暮らしの人なんかも、必然的にながら食いになりやすいです。

 

新聞や雑誌を読みながら、テレビやDVDを見ながら食事をすることが多いでしょうからね。

 

何かをしながら食事をすると、食べることに意識が集中しませんから、ついついたくさんの量を食べることになります。

 

必要な量を食べて、満腹中枢からの合図があっても、それに気がつかないんですね。

 

音楽をかけるなら、静かなBGMにするのがいいです。

 

味や舌触り、歯ごたえなどをしっかりと感じながら、落ち着いて食事をするのです。

 

食事だけでなく、ポテトチップスを食べながらDVDを見るのもよくありません。

 

ポテトチップスなどは簡単に手が出るお菓子ですし、高カロリーです。

 

ながら食いと高カロリーの組み合わせは、ダイエットにとっては最悪なんですね。

 

内臓脂肪を減らすどころか、肥満に向かって一直線という感じでしょうか。

 

空腹や満腹と言う食欲をコントロールする食欲中枢の乱れは、過剰なストレスがある場合にも起こりやすいです。

 

空腹よりもストレス解消のために食事をしたりしてしまいますからね。

 

普段から自分のストレス具合を知ることも大事ですし、食欲をしっかりと感じられるようにゆっくりとリラックスして食事をするようにしたいですね。

 

参考サイト⇒ダイエットエステ男性.bizダイエットエステ体験2014.biz

ダイエット中の外食は要注意

参考サイト⇒ダイエットエステお試し体験談.asia痩身エステ体験談.asia

 

ダイエット中は、なるべく外食は避けたほうがいいのです。

 

ただ昼食のお弁当を持っていける人でなければ、昼食が外食になる可能性が高いわけです。

 

電車通勤でお弁当を持ちこむのも大変ですし、会社でお弁当を広げられる環境がない場合だってありますからね。

 

中には会社に社員食堂があるところもありますけど、ボリューム重視のところが多いので、揚げ物などを自分で調整する必要があります。

 

外食をするのなら、やっぱり和食を選びたいですね。

 

和食のランチセットなら、1汁3菜の和食の基本献立になっていますし、たくさんの食材を少量ずつ食べることができますからね。

 

ご飯が太ると敬遠する人もいますけど、主食としてはダイエット向きだと考えたほうがいいようです。

 

ご飯には消化吸収に時間がかかるので、腹もちがよくなります。

 

満足感や満腹感を得られやすいのです。

 

だからといって食べ過ぎはダメですけどね。

 

うどんやそばを単品で食べるのは、あまりおススメできないです。

 

早食いのデメリットがありますし、基本的に栄養バランスが悪いのです。

 

人気がある中華料理は、どうしても油が多く使われますから、ランチの回数を減らしていった方がいいですよね。

 

メニューにカロリー表示をしているお店も多いですが、普段食べているもののカロリーを知るためにも活用できそうです。

 

外食で摂取カロリーをオーバーしないコツは、どのくらい残すかを食べる前に決めることです。

 

もったいないと教育される日本ですが、もったいないからと全て食べていると、やっぱりカロリーオーバーになりやすいです。

 

丼ものや麺類は1/3は残すくらいが目安だそうですよ。

 

無理のないように、徐々に減らしけばいいのです。

 

注文時に調整ができるようでしたら、ご飯は軽めにしてもらうとかすれば、残す必要もなくなります。

 

天ぷらの衣は半分食べないとか、肉の脂身を残したら、サラダのドレッシングが多い部分は残すなどのように、自分で工夫をする必要がありそうです。

 

栄養のバランスが取れないようだったら、足りない栄養分を補うためにサラダを追加したりします。

 

和食店のほうが、小鉢を追加しやすかったりして便利です。

 

外食だけで栄養分のバランスがとれないようだったら、その分は朝食や夕食で気をつけます。

 

外食で食べづらいものなどを積極的に家で食べるようにするのです。

 

参考サイト⇒横浜の痩身エステ.asiaダイエットエステおすすめ.asia